本記事でレポートするのは、オンラインワークショップ第4弾となる「経験デザインの始め方#4 | BEYOND THE BAG CHALLENGE」です。オンラインツールを活用しながらデザイン思考を実践した模様をお届けします。

今回は、10/24㈯の10:00~11:30に、Zoomを通して参加者の方々とワークショップを行いました。どのようなツールの使い方をしたのか、またどのようなアイディアが出たのかをご紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください!

経験デザインの始め方#4~アジェンダ~

ワークショップのアジェンダは、以下のとおりです。
弊社の説明をした後、参加者の皆さまに軽く自己紹介をしていただき、内容へと入っていきました。皆さまに参加動機を伺ったところ、「経験デザイン」の考え方について理解を深めたいという理由で参加されている方が多かった印象でした。

<アジェンダ>
1.Open IDEO紹介
2.「BEYOND THE BAG CHALLENGE」事例紹介
3.アイディエーション(デザイン思考) / グループワーク
4.発表・フィードバック
5.振り返り

1.で紹介したOpenIDEOとは、世界でもっとも有名なデザインファームであるIDEO社の中で、「デザイン思考」の手法を用いて特に社会問題等の解決を図るプロジェクトをメインに行っている組織で、今回の課題の提示者です。
この課題 “BEYOND THE BAG CHALLENGE”を一言で説明すると、
「多くの小売システムにおいて使用でき、便利かつ環境への影響が少ない、小売店から目的地まで商品を輸送する方法を考える」
というチャレンジになります。

現状多く使用されている使い捨てビニール袋は、環境への負担が課題となっています。エコバッグが推進されていますが、持ち運びが億劫だったり、うっかり忘れてしまうこともあったりして、浸透しづらいですよね。そこで、「バッグ」という形にとらわれず、商品の持ち運び手段を自由に考えてみようというのが今回の内容です。

OpenIDEOや事例の紹介後、デザイン思考やメソッドの説明をし、いよいよグループワークに入っていきます。

ちなみにですが、この課題には私たち学生ラボチームも取り組みました。その模様は以前ブログでご紹介したので、興味のある方はぜひご覧ください(ワーク内でも例として提示しました)!
↓↓↓
http://bloc-blog.com/2020/10/20/beyond-the-bag-challenge%e2%80%95openideo/

また、今回のワークのアイディア出しのプロセスは上記の記事と同じものを使っているため、内容が重複している部分もありますが、より理解を定着させるための復習だと思って読んでいただけると幸いです。

では、グループワークから発表までの様子を中心にご紹介していきます!

グループワーク

ワークを行うにあたっては、ビデオ会議ツール「Zoom」で話しつつ、ホワイトボードツール「Miro」に書き込んでいただく形を取りました。
ステップは以下のとおりです。

Step1:ペルソナとアプローチ設定
Step2:インスピレーション
Step3:チャレンジクエスチョン
Step4:アイディエーション

ホワイトボードの全体はこのような形になりました!
↓↓↓

それぞれのステップごとに解説していきたいと思います。

Step1:ペルソナとアプローチ設定

まず、ペルソナ(具体的に想定する顧客像)と、解決策のアプローチを決めていきます。

アプローチは、OpenIDEOの方で設定された以下の3つから選ぶ形でした。

1. 革新的な素材…使い捨てビニール袋に代わる先駆的で持続可能な素材を使ったアプローチ
2. 再利用可能なモデル…使い捨てバッグの目的を果たしながら、バッグだけでなく複数の用途に使用できるというアプローチ
3. バッグレスソリューション…自動車両やドローンなど、バッグを使用しない技術主導のアプローチ

ペルソナ選定で重要なのは、アイディア出しの軸がぶれないようにするため、できるだけ具体的にすることです。
それぞれで候補を考えた後1つに決定していただきました。ペルソナの候補は、付箋にあるとおり以下のようなものが提案されました。

・20-40代の有職主婦、既婚、子持ち。週末のまとめ買いとネットスーパーがメインだが、週に2-3度足りない食材を実店舗で仕事帰りに購入する。
・20代の独身男性、社会人1-2年目、未婚。仕事帰りのコンビニでのちょい買いがメイン。
・30-40代のワーキングママ、幼稚園に通う子供がいる。職場の帰りに買い物へ行くこともあるが、通販を併用している。
・買い物をお願いされた小学生。買いたいものがあるが、持って帰れるかわからない。

どれも具体的で、イメージしやすいですね。最終的に決定したペルソナは、

「一人暮らしで足を痛めている人。周りに頼りづらいという事情を抱えている」というものでした。参加者の中に、実際に足を痛めて不便な思いをされた方がいらっしゃり、その経験を基にしたアイディエーションができるのではないかという理由で決められていました。「共感」というデザイン思考のとても重要なステップに着目した、素晴らしい視点であったと思います。

このペルソナだと重い物を持ち運ぶことが難しいことを踏まえ、解決策アプローチは「3. バッグレスソリューション」となりました。

Step2:インスピレーション

次に共感マップを作成していきます。
ペルソナのSay(発言)Do(行動)Think(思考)Feel(感情)として想定される特質したものをそれぞれ付箋に書き出してディスカッションします。付箋の色分けは、内容としてプラスはオレンジ、マイナスは青、どちらでもなければ黄緑、質問(疑問)はピンクとなっています。

図のように、皆さん積極的に多くアイディアを出されていました。
共感マップに付箋を貼りつけたら、そのマップをもとにしてペルソナの本質的な課題や潜在的なニーズを洞察します。ディスカッションの結果、今回は「買いたいものがあるのに持ち運ぶことが困難なため買うことができない」という洞察をしました。

これ買いたいけど持ち帰れるかな…」「牛乳2本買いたいけど、1本にしとこう」といった共感マップに貼り付けたペルソナの思考をもとに、うまく洞察を言語化できたように思います。

Step3:チャレンジクエスチョン

次にこの洞察からチャレンジクエスチョンを設定します。チャレンジクエスチョンの設定とは、「HMW “How Might We~?(どのようにすれば、私たちは~できるだろうか?)”」の形で問いを立てることです。この形は幅広い解決案の想起を前向きに促し、かつ適切に狭めてくれます。漠然としすぎず具体的すぎない、ちょうどよい粒感にすることがポイントです。
今回の場合は、「どのようにすれば、私たちは、足の不自由な人が荷物の重さによって諦めることなく買いたいものを買えるような、技術主導の持ち運び手段をデザインすることができるだろうか?」となりました。

Step4:アイディエーション

問いに対して解決策を打ち出すため、アイディアを出していくフェーズです。
ブレインストーミングという方法を使って進めていきます。ブレインストーミングのコツは次のとおり。【・静かに始める。・1つにこだわらない。・言葉だけで終わらせない。・意見の出しやすい雰囲気を作る。・一見風変わりな意見も積極的に取り入れる。・ネットを通じたブレインストーミングも想定する(今回まさに!)。】参考にしてみてください!

それぞれで考えて付箋に書いた後、ディスカッションをするという流れで行いました。30分の時間を取りましたが、話が盛り上がり、足りないくらいの様子でした!和やかな雰囲気があり、またお互いの意見を受け入れる姿勢もあったので、アイディア出しをしやすかったのではないかと思います。

プレゼンテーション

最終的にまとまったアイディアを、3分ほどの時間を使ってお一人にプレゼンしていただきました。

アイディアは、「アプリ付きカート自転車」です。
外観は、カートと自転車が一緒になったようなイメージ。この自転車はスーパーマーケットの中でも使用でき、買った商品をカートに入れてそのまま持って帰れます。
アプリには、健康管理の機能が付いています。足の状態などを入力しておくと自動的に重量制限を教えてくれるので、無理なく持ち帰ることができるということです。

ユニークなペルソナをよく意識し、バッグレスの解決策を考えていただいたように思います。特に健康管理機能まで付けることで、単なる持ち運び手段では終わらない、ペルソナに共感・配慮したアイディアとなりました。

終わりに

いかがでしたでしょうか。以前のブログ記事を読んでいただいた方は重複する部分もあったかと思いますが、前とは異なるアイディアをもとに、よりメソッドの理解を深めていただけたなら幸いです。

事後アンケートでは「課題設定からアイディエーションまでを短期間でできるプロセスがよかった」というお声もあり、デザイン思考の基礎を手軽に実践する場として活用していただけたのではないかと思っています。

オンラインワークショップは、12月にも実施します。クリスマスシーズンに合わせた「プレゼント体験」がテーマの実践形式のものと、経験デザインの知識の紹介をメインとしたワークショップの2つです。ご興味を持たれた方はぜひお申し込みください!

詳細・お申し込みはこちら
↓↓↓
12/19㈯ 10:00~13:00【Design Thinking Day #9|実践型ワークショップでプレゼント体験をデザイン!】https://design-thinking-day-20201219.peatix.com/

12/27㈰ 10:00~11:30【経験デザインの始め方 #6】https://bloc-online-20201227.peatix.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です