湿度を伴った夏の香りを感じる今日この頃ですね。梅雨が明けて夏本番を迎えるのが、今からとても待ち遠しいです!

さて今回は、次世代に必要なスキルとして、戦略的学習能力に続いて「協調性」を紹介します。

協調性って?

「協調性」って、入試や就活の面接でよく耳にしますよね。当たり障りのない、生ぬるい言葉だなぁと思われる方もいらっしゃるかもしれません。笑 しかしこれ、よく使われるだけあって非常に大切なんです。今回は、そんな「協調性」について一緒に考えていきましょう!

まずは、そんなふんわりした「協調性」という言葉を定義してみることにします。大辞林(三省堂)によると、協調性とは「他の人と物事をうまくやってゆける傾向や性質」だそう。

ここで気を付けていただきたいのは、これは自分の意見を押し殺し、周りに流されることと同義ではないということです。自分の軸はぶれないようにしっかり保ちながら、周りの意見にも耳を傾け、その考えを尊重する。そういった態度で人と接しながら同じ目標を達成することが、生活や仕事の場において求められているのではないでしょうか。

協調性のメリット

Happines cheerful perforated paper smiley face

それでは、そんな協調性を持つことに、どのような具体的なメリットがあるのでしょう。

2つご紹介します。

  • 周りから好感を持たれる

誰だって、自分の話をしっかり聞いてほしい・自分を尊重してほしいと思いますよね。それができる「協調性のある人」は好かれます。好かれると自己肯定感が生まれ、社交的になります。社交的になると世界が広がり、たくさんの新しい経験をすることもできるでしょう。好循環ですね!!

  • 仕事を手伝ってもらえる

協調性のある人は、一人で突っ走ったりしないものです。常に周りを見ているため、手が足りていないところには適切にフォローに入ることができます。そしてその分、周りに助けてもらいやすくなるのです。依存してしまうのは良くありませんが、気遣いの中で仕事を進められると素敵ですね。

協調性を伸ばすには

Diagram of plant growth stages illustration

協調性とは何か、そしてどのようなメリットがあるのか、何となくお分かりいただけたでしょうか。とはいっても、難しそう…私には協調性が欠けているかも…とお悩みの方もいらっしゃると思います。そこで、協調性を伸ばすために心がけるべきことを3つほど載せます!

  • 相手に興味を持つ

どうしても人の話を聞けず、気づいたら自分の話ばかりしてしまっている!というそこのあなた。相手に興味を持ってみましょう。70億人もいる世界の中でせっかく出会った人です。どこに住んでいるのか、兄弟はいるのか、休日は何をするのか…ひょっとしたら以外なところに自分との共通点が見つかるかもしれません。私は何度もそういった経験をしてきました!お宝探しのような感覚で、一人ひとりに対してひたすら関心を持って接していれば、自然と話も聞けるようになるはずです。

  • 相手のいいところを探す

先ほどと関連するかもしれません。人と接する過程で、人の良いところを見つけるようにしてみましょう。そうすればその人を尊敬できるようになり、その思いが自分の傲慢さを超えます。私も、自分以外の人間は皆、自分にはないものを持っているのだから何か見習うべきことがあるはず!と思って人を尊敬・尊重するよう心がけています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ここで一つ指摘しておきますが、協調性がないことがプラスに働く場合もあります。例えば作家や画家などです。黙々と独特な自分の世界を持って活動することで良い作品が生まれ、それがたくさんの人の心を打つことだってあるのです。

協調性を伸ばすのにも、得意不得意があると思います。何よりもまず必要なのは、自分の適性・性格を見極めることだと言えるでしょう。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です