今回は心理学の持つ可能性について書いていこうと思います。

今後必要とされるスキルのうちの一つとして上位に挙がっていた「心理学」。

心理学が今後必要となってくる理由は一目瞭然ですよね。

もちろんAIにはない人間的な要素が必要とされるのでしょう。

現在の技術ではAIに脳の感情やパーソナリティは数値化されていないため、現時点ではAIにパーソナリティを実装することは不可能だということなのです。


10年後も20年後も、感情とパーソナリティのシンギュラリティは
おそらく起こらないと考えられています。


また、AIが進歩した先に行き着くのは、人間の脳とは違う場所なのではないかとも考えられています。

人間の脳が如何に複雑で価値あるものなのかが見て取れます。

また、AIには到底真似できることではないということです。

心理学の可能性

AI robotic operations tablet

将来的にAIによって消される職業は山ほどありますがその中でAIに消されることのない職業がいくつかあります。

その中でも数多く挙げられるのが心理的要素が関連した職業ばかりです。

教育カウンセラー、精神カウンセラー、レクリエーションセラピストetc…..

確かにロボットに悩みを打ち明けるより人に打ち明ける方が絶対楽になりますよね、、、。

そう考えると心理的な要素に関してAIが人間を超えることは不可能なのではないでしょうか。

まとめ

technology artifical intelligence background with face

今後AIに代替されず生き残るスキルとしてはやはり心理的、感情的な要素であると分かります。

人間にしか成し得ることのできない「コミュニケーション」。

またそのコミュニケーション力を最大限に発揮するためには「心理学」が重要な鍵となります。

相手が本心では何を求めているのか、何が言いたいのか、どんな気分や感情なのかを察することのできる人間は今後の社会において重要なスキルを持っていると言えます。

ビジネスにおいて顧客のニーズや満足度の向上に繋げることができるとも言えます。

人間にしか成し遂げられない心理的な要素を如何に追求し活用していくかが今後のビジネス社会において重要な鍵となるでしょう。


Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です