デザイン

xd library ストーリーテリング

ストーリーテリングは、ユーザーに物語を体験させることで、製品やブランドなどの魅力を伝える手法です。製品やサービスの魅力が伝わるように描いた物語を製品やサービスのアイデアを探すことに利用します。物語を伝える方法は、ワークショップなどを通じて行ないます。

ストーリーテリングは、まずユーザーがどのようなストーリーを製品やブランドなどに対して想像しているのか知らなければなりません。ユーザーの望むストーリーを理解したら、それをマーケティングやカスタマーサービスなどユーザーが関わるすべてのものに利用します。ストーリーを体験するユーザーが、その体験自体に価値を見出せば成功です。そうすればそのユーザーは、家族や友人などに同じ体験をさせたいと考え、製品やサービスを勧めるようになるでしょう。

 

出典:servicedesigntools.org(http://www.servicedesigntools.org/ja/tools/188)

 

ストーリーテリングを効果的に行うには、マーケティングやデザイン、営業などの仕事の枠組みを超えて協力して、物語の制作を行うことが大切です。ただし、作り出す物語は1から創作するのではなく、ユーザーがすでに感じたり、考えたりしている物語を見つけ出す作業に近いです。心の内にすでに存在しているが、言葉にされていないストーリーを見つける作業といえるでしょう。