〜サービス・ブループリントって?〜

サービス・ブループリント・・・サービスデザインのプロセスを検討する上で利用されるマッピングツール。

ある特定の人物(従業員、顧客)や物理的またはデジタルな証拠、そしてプロセスなどのサービス要素間の関係を視覚化し、問題の解消を考え再構成のシミュレーションを図ることができるツールです。

何事も目に見える形で表した方が理解が深まるんですよね。

出典:UPMC Neuro Clinic Service Design(https://www.slideshare.net/jaminhegeman/upmc-neuro-clinic-service-design)

通常サービスの改善を検討するために問題点や弱点を見つけるためには、様々な工程を辿っていく必要があります。

〜サービス・ブループリントのメリット〜

  • サービスを可視化することで普段は気づきにくい問題点や弱点が発見しやすくなり、改善ポイントを明確にすることができる。
  • 1つのサービスだけではなく複雑なサービスを連携させることが可能になる。
  • 複数の部門の取り組みを橋渡ししてくれるツールとしても利用できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です