UI プロトタイピングって?

そもそもUI(ユーザーインターフェイス)とは何かご存知でしょうか?

UIとは簡単に言えば、人間と何かしらのデバイスを繋ぐ窓口です。

インターフェイスという言葉が「何かと何かを繋ぐ窓口」というような意味なので、ユーザーインターフェイスはユーザーと何かを繋ぐ窓口になります。

もし、ユーザーではなく機械であればハードウェアインターフェイスになります。

ではUIに関してはこのぐらいにして、UIプロトタイピングとは何なのか?

UIプロトタイピングとはUI(ユーザーインターフェイス)を作るためのシステム開発の技法のことです。

プロトタイピングでは、試作品をユーザーに利用してもらい、ユーザー側の要望を反映させたシステムを作っていきます。

政府CIOポータルでは、ツールを6つ紹介しています。※出典:政府CIOポータル サービスデザイン実践ガイドブックβ

では、6つのツールを簡単に紹介していきましょう。

Sketch:デザインやストーリーボード作成、オブジェクトの色やサイズなどをCSSとして書き出し可能。

2010年頃にオランダのアムステルダムを拠点に開発された。

Adobe XD:デザインやプロトタイプなどをすべてXDで行えるWEBサイトやスマートフォンなどのモバイルアプリなどに適したUIプロトタイピングツール。

Axure RP:コーディングが不要で動的な画面プロトタイプを作成できるため、ウェブサイトやアプリ開発の手戻りを削減が可能。Axure Software Solutions, Incが開発しているツール。

UXPin:ウェブ開発のデザインに利用できるたくさんの素材がホームページ上のライブラリに用意されているため、簡単にワイヤーフレームの作成が可能。

UXデザインツールとして使われている。

PowerPoint Storyboarding:PowerPointを使用してワイヤーフレームの作成が可能。

しかしこのツールを使用するためには、Visual Studioをインストールする必要がある。

Indigo Studio:ブラウザ上でユーザビリティテストが容易に行える機能。

Infragistics社が提供するUIプロトタイピングツール。

このようにUIプロトタイピングにはたくさんのツールがありますが、これらは全て有償で提供されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です