テクノロジー

xd library ホワイトボード記録/付箋記録

サービスデザインを検討する際に役立つホワイトボード記録ツールと付箋記録ツールをそれぞれご紹介します。※出典:政府CIOポータル サービスデザイン実践ガイドブックβ

Office Lens:Office Lensはホワイトボード記録を可能とした、マイクロソフトが提供する無償ツールです。スマートフォンのカメラでホワイトボードを撮影し、デジタルデータとして取り込む際、撮影時のブレや歪みの補正、不要部分のトリミングが自動で行われるため、手軽に正確なデータを残すことに長けているのが特徴です。取り込んだデータは、PDFやWord、PowerPointといった編集作業が可能な形式に変換することができます。また、画像内の文字を認識し、文字検索や編集を可能とするテキストデータに変換するOCR機能も備えていますので、後日、記録した内容を容易に探すことが可能です。iPhoneとAndroidの両方で利用することができますが、マイクロソフトアカウントが必要となります。

Post-It-plus:Post-It-plusは付箋記録を可能とした、iPhone専用の無償ツールです。付箋紙の一つであるポストイットを手掛ける3M社が提供するアプリですが、どのブランドの付箋紙であっても記録可能です。基本的な機能として、付箋紙を撮影してデジタルデータ化し、データへの追記修正やPDFなどへ変換することができます。斜めに傾いておかれた付箋紙なども認識し、更にデータ化した後で整形する機能も備えています。更に特徴的な点として、一度に複数の付箋紙を撮影しても、ひとつひとつの付箋紙を全て認識し、それぞれグループ化できる点があげられます。付箋紙を用いたブレストなどを行った場合、大量の付箋紙が全体に散らばってしまうため、同時撮影ができることで、より効率的にデジタルデータ化して記録に残すことが可能です。なお、言語は日本語には対応しておらず、英語のみの提供となっています。