おすすめ記事

xd library ステークホルダーマップ

ステークホルダーマップは多様なグループの関係性を図として可視化するものです。主にビジネスの世界で使われている言葉でスタッフや顧客、企業といったものをマップで整理してそれぞれの関係を分析します。

カスタマージャーニーマップと呼ばれるものもありますが、こちらはユーザー視点のサービスをマッピングするのが特徴、これに対するものがステークホルダーマップです。実際にステークホルダーマップを作成する場合はフロントエンドとバックエンドを見分けるのがコツと言えるでしょう。プロセスの最初と最後の工程を表す言葉でフロントエンドからユーザーの情報を集めて、最後にバックエンドにマッチするように処理を行います。

ステークホルダーマップを作るときはサービスを取り巻くものを見つけて、それぞれがどのような関係にあるのかを確認するのが特徴です。各サービスを分析すると相関的にどのような問題があるのかを洗い出す事ができる、これにより問題を解決できる可能性が高まるのがメリットです。新規のサービスを開発する際に行う作業の1つで企画が終了するまでの流れは他のツールも使います。

例えばカスタマージャーニーマップを使いユーザーがサービスに設置するタイミングを把握する、マインドマップを使って思考を整理してキーワードやイメージを広げる作業を行うのが特徴です。ステークホルダーマップによって人の関わりや、それに関係する人物を把握、関係性にどのような問題があるかを考察できます。サービスの改善を行い成功に近づける事ができるのでビジネスにおいて重要な要素です。

内部関係リストを作った後は、それぞれのものに重要度や関心の度合いで順位をつけて整理します。