情報デザインは、IT技術が発達し、優れた情報処理能力が重要視されるようになったため、注目を集めています。情報デザインの定義は明確ではありませんが、一般的にはインターネット上などにあるばらばらの情報をユーザーの目的に合わせて収集し、分析し、わかりやすくすることを指します。大量の情報を収集するだけなら簡単になりましたが、目的のために必要な情報を探し出してわかりやすくまとめることは難しいです。事業の運営改善などにおいても情報デザインは重要な意味を持っています。

情報デザインを取り入れれば、受け手の目線で情報を集めてまとめるため、コミュニケーションが取りやすくなります。社内はもちろん、クライアントとの交渉も楽になるでしょう。また、受け手の目線で集めた情報は、当然ながら受け手に興味を持ってもらいやすいです。
メリットがあるのは受け手だけではありません。送り手も大量の情報を整理することで、目的の情報の本質や改善案などがわかってくることがあります。

アメリカ人の建築家兼グラフィックデザイナーであるリチャード・ソール・ワーマン提唱した「究極の5個の帽子掛け(LATCH)」では、情報を整理する方法の基準は「場所(Location)」「アルファベットまたは50音順(Alphabet)」「時間(Time)」「カテゴリー(Category)」「階層(Hierarchy)」の5つであるとしています。

例えば、自社のホームページで商品紹介や事業案内をカテゴリーに分けて行うことも情報デザインの1つです。もし商品の情報と事業案内の情報が無作為に並んでいたらわかりにくいでしょう。商品をシリーズ別に分けたり、五十音順に並べたりすることでユーザーが求める情報にたどり着きやすくします。

また、情報デザインを行えるのはウェブサイトだけではなく、資料作成の場合にも応用できます。例えば、資料作成をする際、資料に目次をつけたり、タイムスケジュールを記載したりすることも情報デザインです。重要な情報をグラフや図にして、重要度を示すことも情報デザインと呼べます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です