コンセプトは誰に向けてどのような価値を提供するかといった要素によって決定される、ビジネスプランの根幹となる重要なものです。

製品をつくる際の製品コンセプトで重要なことは、新製品を開発するときに生み出されたアイデアを企業理念や市場性、現実性などさまざまな観点から検討し、どのような人に向けた製品であり、その製品を入手したり使ったりすることでどのような利益を生むのかということを詳細かつ鮮明に言葉に表せるかということです。

決定した製品コンセプトは製品を具体的に作り上げていく上で非常に重要な役割を持つことから、製品化に関わる全ての人の中で共有されるべき共通事項です。コンセプトの内容がしっかり伝わっていなかったり、理解が十分でなかったりすると顧客が満足できるものを作り上げることができなくなってしまうため、コンセプトを設計する際には製品作りに関わる全ての人が議論し、詳細までしっかり理解・共有する必要があります。またコンセプトをしっかり決めることで計画プランが描け、計画を進めることができるためコンセプトが確固たるものでなければ計画プランがすべて変わってしまうということも起こり得るのです。

コンセプトを決定する上で注意したいのは、ありきたりなコンセプトになってしまうことです。既存のありきたりなコンセプトでは新しいアイデアやプランを生み出すことができず、行き詰ってしまいます。そうならないために既存のコンセプト内で外せないもののみを選び、そこに新たな要素を加えることで斬新なコンセプトを生み出すことができます。今までの理論やデータで証明できない斬新なコンセプトを生み出すことで、新たな常識をつくることができるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です