サービスデザインは、サービスそのものを体験に置き換え、それを設計することにより、新しい価値を生む手法です。モノを使ってどんな経験ができるのかをユーザーが求めている中、サービスを作る際に「サービスデザイン思考の5原則」が重要となります。

1つ目は「ユーザー中心」、それらのサービスが使いやすいこと以外に、人間の欲求や要望を満たしているかが問われます。乗り物であれば、移動手段として使われることだけでなく、早く快適に移動できるかが求められます。

2つ目は「共創」、ユーザーに求められるサービスを作るプロセスの過程において、製作者以外にユーザーも参加することを意味します。ユーザーがワークショップに参加し、ユーザーのアイデアをサービス作りに反映させることが、一例と言えます。

3つ目は「インタラクション」、サービスを行う際は、それを提供する企業と従業員、そして利用者であるユーザー、といった無数のステークホルダーが存在します。サービスデザインにおいては、利用する側はもちろんのこと、それを提供する側の視点も考慮しながら、目に見える形でデザインを行います。

4つ目は「リアル」、実在するモノを通じて実際の価値を提供することが重要となります。ホテルが無料で提供するウェルカムドリンクは、利用者に対するおもてなしを表しています。こういった印象を与えることで、またこのホテルを使いたいという価値を生み出します。

5つ目は「ホリスティック」、サービスに関わるステークホルダー全員にとって、サービス自体が、満足し持続性のあるものであることを意味します。飲食店の運営なら、品質維持のために人件費を犠牲にすることではなく、従業員を働きやすくすることで、飲食店の価値を高めていく事例があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です