5フォースモデルとは「業界内の競合者」「新規参入者」「代替品」「売り手」「買い手」の経営戦略理論で、自社を脅かす5つの脅威のことを言います。この5つの視点で、業界の競争ルールにどのような影響があるのかを考察していきます。

「業界内の競合者」とは、同じ業界の企業との競争状況を指します。「業界内の競合者」が少なければ競争はそれほど厳しくはありませんが、競合者が多かったり、商品などが供給過剰だったりする場合は競争が激化する恐れがあります。また、撤退障壁が高くて撤退が難しいと、競争が激化してしまえば緩和をするのが難しくなります。

「新規参入者」とは、既存の業界に新しい企業が参入して、競争が激化する恐れがある脅威のことです。新規の企業が参入することで、今後の収益が下がるのかを考えていきます。例えば、自社よりも良い製品を作っていたり、価格が低かったりするなど、「新規参入者」がどのように商品を扱っているのかで今後の収益に影響します。

「代替品」とは、既存の製品やサービスが似たような製品やサービスによって、奪われてしまう脅威のことです。既存の製品よりも費用対効果が高い場合は、顧客を奪われてしまうリスクがあり、その結果、収益が低下してしまうリスクがあります。

「売り手」とは、商品の原材料や部品を扱っている納入業者の脅威を指します。「売り手」が強いと買い手側が高い価格で購入するしかなく、経費を圧迫してしまいます。その「売り手」でしか扱っていない商品の場合は、購入価格を下げるのが難しくなります。

「買い手」とは、顧客が売り手側に対して、商品の値下げや品質の向上を要求する強さを言います。「買い手」が強すぎると売値を下げるしかなく、顧客の交渉力によって収益が変わります。

このように、5フォースモデルとは、マーケティングの観点から重要な戦略を決めるための手法として利用されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です