マズローの欲求5段階説とはアメリカの心理学者マズローが考えたモチベーション理論です。まずマズローは人間の欲求を5つの段階に分けました。それは「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「尊厳欲求」「自己実現欲求」の5段階です。食べる、水を飲みたい、眠りたいなどの「生理的欲求」が一番最初の段階であり、そこから段階的に次の欲求を求めると提唱されました。

「安全欲求」が危険な所から身を守りたい、安全な場所で暮らしたいという欲求、「社会的欲求」は良好な人間関係を求める、集団に入って仲間と共に暮らしたいという集団生活を求める欲求です。「尊厳欲求」は他人からの承認や賛同を得たいという欲求のことで、出世やエリート企業に入りたいなどが当てはまります。最後の「自己実現欲求」は自己の存在意義を追い求める欲求と言われています。なりたい自分になれたときや実現したい夢などがかなった時に満たされる欲求です。

マズローはこれら5つの欲求は最初の低い欲求が満たされると次の欲求に移行すると言っています。さらにこれらの欲求は2つに分けることが出来ます。最初の3つが組織順応型、残りの2つが自立革新型の欲求です。それぞれ意識や行動に違いが出ます。マズローの欲求5段階説はビジネスにおいて社員のモチベーションをあげるにはどうすればよいかなど考える時の指針になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です