マーケティングは、事業の運営改善においてとても重要なもの。そのマーケティング成功のカギの1つとなるのが市場調査です。今回は、市場調査の際に知っておきたい用語、「ブランド認知度・純粋想起・助成想起」を紹介していきます。

ブランド認知度

ブランド認知度とは、消費者がブランドまたは商品にどれだけなじみがあるかの度合いです。売り上げを高めるためには、多くの競合する商品の中で自社のものを選んでもらう必要があります。そのため、ブランド認知度が高ければ競争が有利になるでしょう。

このブランド認知度は、アンケートを用いた市場調査で知ることができます。アンケート作成の際に必要なのが、「純粋想起」と「助成想起」についての理解です。

純粋想起
まず純粋想起とは、手がかりなしにブランドまたは商品に関する知識を思い出すことです。

例えば「あなたが知っているチョコレートのブランドは?」という質問に対して、特定のブランド名を思い出せる状態を指します。思い出されたブランドは、商品と関連付いてとても認知度が高いといえるでしょう。純粋想起された比率を「再生知名率」といいます。

助成想起
一方助成想起とは、手がかりが与えられたときにブランドまたは商品に関する知識を思い出すことです。
これを知るには、回答者にブランド名を提示し、認識できるかどうかを確認します。
例えば「次のチョコレートのブランドのうち、知っているものは? ①ゴディバ ②ロイズ ③モロゾフ」という質問です。助成想起された比率は「再認知名率」といいます。

つまり、純粋想起は商品のカテゴリーなどのヒント(例:チョコレート)を与えられることによってブランド名(例:ゴディバ)を自力で思い出せる状態であるのに対し、助成想起はブランド名を示されたらそれを認識できる状態です。
したがって、純粋想起の方が消費者にとって難しいということになります。

終わりに

純粋想起はハードルが高いだけあって、再生知名率(純粋想起される比率)には購買意欲と強い結びつきがあります。しかし、再生知名率が低く再認知名率(助成想起される比率)が高い、つまり知っている人はそこそこいるが自力で思い出してもらえないブランドは購買意欲に結びつきにくいとされます。
アンケートを通して商品のどこに弱みがあるのかを見極め、ブランディングの戦略に役立ててみてください!

参照サイト:
Brand Strategy Journal、ブランド論における「ブランド認知」の測定方法[online] https://japanbrand.jp/column/webbranding/part4.html (アクセス日:2021/01/26)
SurveyMonkey、ブランド認知度アンケートの助成想起と純粋想起の質問: それは何を意味するか?[online] https://jp.surveymonkey.com/mp/unaided-vs-aided-brand-awareness-survey-questions/ (アクセス日:2021/01/26)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です