マーケティングは、事業の運営改善においてとても重要です。マーケティングと聞いて、市場調査や、宣伝活動をイメージされる方も多いのではないでしょうか。マーケティングはそれらの活動だけでなく、長期的な視点で見て売れる仕組みを作る活動を指します。市場調査はマーケティング活動の中のひとつです。今回は、市場調査の際に知っておきたい3つの用語、純粋想起助成想起再生知名率についてお話ししていきます。

市場調査の際に利用されるアンケートは、ブランドの認知度を知ることができ、今後の活動を決める指標になったり、宣伝の効果を測定したりするときに有効な手法です。アンケートを通して認知度を調べる際のポイントのひとつに、その認知の度合いを聞き出すことがあげられます。アンケートを作成する際に、純粋想起と助成想起について理解していることが、消費者の情報を十分に引き出す上で重要です。

まず、純粋想起とは、例えば「缶コーヒーといえば? 」という質問に対して、特定のブランド名を思い出せる状態であり、思い出されたブランドは、製品と関連付いてとても認知度が高いといえます。

一方、助成想起とは、ブランド名をあげられた時に、知っていると確認できる状態で、純粋想起より認知度は低いです。問われたことを認知していると確認することを再認、問いに対して経験した記憶がそのまま思い出されることを再生といいます。

再生知名率は純粋想起された比率、再認知名率は助成想起された比率です。アンケートの中で、自由回答の質問と、選択肢の中から選ぶ質問を設けることで、再生知名率と再認知名率を測ることができます。取り扱う製品によって、再生知名率と再認知名率のどちらを重視するかは異なります。たとえば、お菓子などのように、店頭に並んだ中から消費者が気軽に選ぶ製品では、再認知名率を重視する傾向があり、ジュエリーなど高価な製品に対しては、純粋想起されるブランドの方が購買確率が上がるので、再生知名率を上げる事が重要です。純粋想起、助成想起、再生知名率の3つキーワードをおさえて、運営改善に活かしてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です