おすすめ記事

xd library マインド・シェア

マインド・シェアとは、特定のブランド・企業がどれだけ消費者の心の中の割合を占めているか、どれほどの地位を築き上げられているかを示す占有率のことです。ただし人の心(マインド)の中の占有率(シェア)という性質上、「売上ランキング」や「発行部数」といったような明確な数値では測定できません。そのため、一般的には一位挙名率や純粋想起率などの知名度シェアなどを用いることが多いです。場合によっては「ドーナツショップと言えば、最初に思い浮かべるメーカーはどこか」といった質問のように、一番最初に頭に浮かぶブランドを回答してもらってその割合を導き出す「純粋第一想起率」を用いることもあります。

マインド・シェアが一位である場合、ブランドが市場においての地位や基盤が強固であることを意味します。ここで注意したいポイントは、マインド・シェアと販売シェアが必ずしも一致しないという点です。販売シェアには製品そのものの力や価格競争における優位性、チャネル力といった総合力が反映されます。もしマインド・シェアが低くて販売シェアのみが高い場合、価格競争力などが優れている証明にはなるものの、ブランドパワーが薄れ企業や商品の将来性が危ぶまれます。また、いくらマインド・シェアが高くても、顧客が好感度を抱いていない場合は集客・売上には結びつきません。消費者の信頼を積み上げて、イメージをコントロールするなどのブランディングが必要不可欠です。

これまでマインド・シェアは、専門品や高額商品において特に重要視されてきました。しかしインターネットが普及するにつれ、テレビや雑誌など企業からの一方的な営業であるアウトバンドマーケティングから、受け手である消費者自らが情報を集めて購買する風潮に対応したインバウンドマーケティングへと時代は変化しています。この時代の流れから、従来よりも一層ブランドにおけるマインド・シェアの重要性が高まってきました。消費者が自らブランドの情報を集めることもあって、現代ではブランド・企業のWebサイトが検索エンジンにおいて上位表示されることも重要となっています。各企業や事業者がこぞって、SEO(検索エンジン最適化)の対策に乗り出しているのもこの背景を受けてのものです。