バランススコアカードとは戦略経営のためのシステムの一つです。企業が持っている視点である、顧客の視点や財務の視点、業績や成長と学習の視点など業績やビジョンに影響を与えていることを明確にします。財務の数字だけで表される実績だけでなく、経営品質や経営状況などから評価を行うことで、バランスが取れた経営評価が分かるのです。

バランススコアカードを採用すれば企業のビジョンがより鮮明になり、様々な視点から経営戦略が立てられます。考えた戦略から重要成功要因や業績評価指標、実際のアクションプランまで落とし込むことで、社員が行っている業務がどのくらい目標やビジョンに影響を与えているのかが把握出来るのです。常に経営陣は目標を意識することもでき、目標を達成するまでの具体的な道のりを描くことも可能です。戦略の進み具合や状況を把握出来るので、企業全体の競争力や組織力も強化しやすくなります。バランススコアカードでは業績評価指標にKGIとKPIを採用していて、KGIは会社経営の最大の目標を数値で評価するもので、目標数値を市場で発表します。KPIは目標達成のための具体的な行動を表し、業績評価指標を細分化したものです。

バランススコアカードは財務的な評価を基にした財務の視点、非財務的な評価指標を基にした顧客の視点、業績のプロセスや成長と学習の視点から構成されているのが特徴です。財務の視点は、財務部門での成功を目的とした利害関係による行動を表します。具体的なKPIとして営業利益や株主資本利益率、キャッシュフローや純売上高などが挙げられます。この財務的指標を成長期と維持期、収穫期の3つに分けて、目標を設定するのです。顧客の視点はお客さんがサービスや商品を持続的に利用して貰うための視線です。顧客の行動の可視化をするもので、お客さんの目線と企業の目線の2つで作られています。お客さんの視点から見る顧客視点では、企業の製品やサービス、ブランドイメージや顧客満足度の向上のための戦略アクションプランを設定します。企業の立場から見ている企業視点では顧客収益の向上を重視し、マーケティングプランを作成するのです。業務プロセスの視点はビジョン達成を目標としての経済活動基盤や競合他社より優れたプロセスなどの向上を目指して行った行動などを表すものです。イノベーションプロセスやアフターサービスなどのプロセスを大切にし、顧客処理時間やインターネット取引、不良品発生率や品切れ率などを数値化します。学習と成長の視点では人材育成や企業の活性化など、長期的な会社の学習能力の向上や変革に役立ちます。組織の活性化や育成を目標としたリーダーシップ指標や女性管理者数などで業績評価をするのです。

バランススコアカードを作るときには、まず将来のビジョンと経営戦略を考えます。経営戦略が既にある場合はもう一度見直し、改善出来る点は無いか探るのです。考えた戦略を成功させるために、目標を掲げます。次に行う重要成功要因と合わせて分析し、曖昧なビジョンや戦略を実績の評価指標に照らし合わせて設定します。このときに目標達成のための道筋となる戦略マップも作り、複数の戦略を関連付けるようにすると良いです。関連付けを行うことでポイントが整理され、戦略同士の因果関係も分かりやすくなるのです。次にあらかじめ用意しておいた戦略やビジョンの目標を達成するために必要な重要成功要因を決定します。バランススコアカードを使っての経営戦略を成功に導くためには経営陣他に、社員一人ひとりに目標や戦略を知って貰う必要があります。社員の意識改革のためにも部門や課、環境要因などを踏まえて重要成功要因の設定と分析をすることが大切です。さらに業務評価指標も考え、成功要因となるものをどのように評価していくのかを決めます。業務評価指標は業務評価のために考えられた指標で、具体的な数値を設定することで客観的に評価出来るのがメリットです。業績評価指標は財務的な評価指標ではなく、目標に近づくために必要不可欠となる非財務的業績評価指標を決めることが重要です。また財務や顧客、業務プロセスの視点など項目ごとに出来るだけ細かく設定するようにします。決まった業績評価指標から数値を決めるポイントとなるターゲットを設定し、戦略プログラムを組んで完成です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です