7Sとは、戦略コンサルティングファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した、企業には3つのハードな経営資源と4つのソフトな経営資源があるとし、それら7つの資源をもとに事業戦略を考えるフレームワークです。今回は7Sの概要説明と、活用にあたっての注意点を扱っていきます!

7Sとは

まず7Sとは以下のとおりです。

ハードの3S
・Strategy(戦略)
・Structure(組織構造)
・System(システム・制度)

ソフトの4S
・Shared value (共通の価値観・理念)
・Style(経営スタイル・社風)
・Staff(人材)
・Skill(スキル・能力)

ハードの3つはテクニック面の要素であるため、変えようとする意思やプランがあれば、比較的容易に変更することができます。それに対してソフトの4つは個人に依存するところが大きく、時間をかけて定着・育成されるものであるため、短時間で変更することは難しいと言えます。

注意点

まず見受けられる悪い例として、企業変革を行う場合に手をつけやすいという理由からハードの要素のみに注力することが挙げられます。しかしソフトのSは戦略遂行の際に強力な推進剤となるため、ゆっくりであったとしても改変を進め根付かせることが重要です。ハードさえしっかりと設計・運用すれば事業は軌道に乗ると考えがちですが、大切なのはハードとソフトがうまく融合・調和し、整合性が取れていることです。具体的には、戦略を変更しても従業員を全て入れかえることはできず、またその戦略に必要なスキルがすぐに身に付くわけでないといったことを考慮することが必要です。

次に、下の図をご覧ください。

マッキンゼーの7S(ビジネス+IT)

7Sをダイアグラムで表したものです。
このダイアグラムには、重要なことが2つあります。
1つ目は、始点がないということです。どの要素も組織が抱える課題の要因となり得るため、始点(原点)が存在しない形をとっているのです。組織が置かれている状況や求める理想の状態によって、要因が戦略の場合もあれば、システムや構造の場合もあるでしょう。ただ、共通の価値観(Shared value)は企業の基礎的概念なので、ダイアグラムの中心に描かれています。

2つ目は、それぞれの要素が線でつながっていることです。これは、1つの要素が問題の要因であると特定された場合でも、そこだけを見るのではなく、他の要素との関わりの中で改善策を講じる必要があるためです。線の繋がりは相互関連性を意味します。

終わりに

いかがでしたでしょうか。組織の事業戦略の問題点についてフレームワークを用いて分析的に思考することで、状況を的確に整理でき改善策を導き出しやすくなります。
ぜひ活用してみてください!

参照サイト:
グロービス経営大学院、7Sとは・意味[online] https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-12513.html (アクセス日:2020/12/21)
ビジネス+IT、マッキンゼーの7Sとは何か?図でわかりやすくフレームワークを詳解[online] https://www.sbbit.jp/article/cont1/30243(アクセス日:2020/12/21)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です