人間中心設計とは、ビジネスにおいて注目を集めるデザイン思考のひとつです。この考え方が生まれた背景、そして設計プロセスをご紹介していきます!

人間中心設計とは

かつてユーザーは、作り手が提供する商品やサービスをただ利用するだけでした。技術が発達していく過程においては、新たに提供される商品やサービスは目新しいものが多く、ユーザーは新商品というだけで満足することができたのです。

しかし、技術の進歩が緩やかになっていくにつれて、ユーザーが感じる目新しさは薄れ、世の中にあふれる商品から自分の欲しいものを取捨選択するようになりました。そこで、「作り手が良いと思うもの」ではなく「ユーザーが欲しているもの」を提供するために、ユーザーのニーズや使いやすさを中心に据える考え方が出てきたのです。それが人間中心設計です。ユーザーを中心に商品を設計することで、ユーザーの満足度を高めるとともにサポートコストを低減できるため、作り手にもメリットがあるといえます。

人間中心設計のプロセス

人間中心設計の基本的なプロセスは以下のとおりです。

(Popinsight、人間中心設計(HCD)を事例と共に理解する)

つまり、
・利用の状況の把握と明示
・ユーザーと組織の要求事項の明示
・設計による解決策の作成
・要求事項に対する設計の評価
の4ステップ(調査→分析→設計→評価)を繰り返します。

ここで注意が必要なのは、ただアンケートで集めた意見に従って商品開発をすればよいというわけではないことです。ユーザー自身も気づいていないような、購買行動の裏にある「無意識の心理・隠れた欲求」を掘り起こさなければなりません。(参考:顧客インサイト
アンケートなどのヒアリングだけでなく、行動観察も併せて行うことで、アンケートと行動の相違などから見えてくるものもあるでしょう。また、調査を何度も行い、ユーザーの要求を満たす完成度の高い商品により近づけていくことも実践してみてください!

終わりに

プロセスを1度回して思うように結果が出なくても、あきらめずに繰り返すことが大切です。自身の経験なども活かしながら、「人間(ユーザー)中心」の考えを軸に試行錯誤を重ねていきましょう!

参照サイト:
Popinsight、人間中心設計(HCD)を事例と共に理解する[online] https://popinsight.jp/blog/?p=4219 (アクセス日:2021/02/02)
Uxjump、人間中心設計とは?HCD資格保有者が難しいことばを使わず徹底解説[online] https://ux-jump.com/about-hcd (アクセス日:2021/02/02)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です