4Cとは、アメリカの広告学者のロバート・ローターボーンが提唱したマーケティング理論で、マーケティングを顧客視点から見るというコンセプトのもとで生み出されました。

ローターボーンが4Cを提言するまでは、マーケティングは4P理論(Product:製品、Price:価格、Place:流通、Promotion:宣伝)が主流でした。4Pはどんな製品を、いくらで、どうやって顧客に提供して、販売促進を行っていくか、という販売者視点の要素から構成されています。それに対して4Cは、Customer Value(顧客にとっての価値)、Customer Cost(顧客のコスト)、Convenience(顧客の利便性)、Communication(コミュニケーション)の4つの評価になっています。

Customer Valueは、提供されている製品を購入することで顧客にどんなメリットがあるか、要求を満たすことができるかを分析する項目です。Customer Costは、顧客が製品を購入する際の金銭コストと時間コスト、さらに製品を維持するコスト、破棄する際のコストが含まれます。Convenienceは顧客がいかに手間をかけずに、早く製品を手にすることができるかという評価です。Convenienceに特化しているのが、AmazonなどのECサイトです。ECサイトはいつでも利用が可能で、顧客はパソコンやスマホを使ってどんな場所からでも商品を注文することができます。Communicationは、販売側と顧客側が双方においてコミュニケーションがとれるかという考えです。顧客からの問い合わせに対応するカスタマーサービスなどがCommunicationに該当します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です